科技メモ

テクノロジーと人間について、取材の備忘録とか思ったこととか

有楽町のカフェ・レストラン「6th by ORIENTAL HOTEL」のホスピタリティが素晴らしい

 丸の内仲通りから一本入り、有楽町方面へ向かう途中、有楽町ビックカメラの向かいにあるレストランが6th by ORIENTAL HOTELだ。一部はオープンテラスになっていて、天気のいい昼間や夏の夜は店内のガラス戸も開け放され、昼夜問わず多くの人で賑わっている。よく通りかかる通りだけれど、数年前に気づいたらできていた。

 場所が場所だけに、なんとなくハイソな印象があり、パリッとしたスーツを着た稼いでいそうなサラリーマンのほか、平日の昼間からお買い物を楽しむ有閑マダムとか、モデル風の美女もよく見かける。一方で、お値段はそんなに高くもなく、食事もボリュームのたっぷりで、コーヒー1杯で何時間もおしゃべりする普段使いにも向いている。

 だが何よりも素晴らしいのは、店員さんのホスピタリティだ。店員さんの数は比較的多い方で、笑顔で硬すぎない対応かつ、めちゃめちゃ気が利く。

 取材で使った時のことだ。少し早めについたので、1人と告げて、2人がけの席に案内された。並びの真ん中くらいの位置で、人と話すには少し周囲が気になる。少しすると、人と話しやすい空間にある端の席が空いて、「よろしかったら」とさり気なく案内された。

 超能力者か!何でわかったんだろう。特に何も言っていないし、顔にも出していないのに。

 カフェラテとかランチとか、食事も素晴らしいです。サラダのランチのボリュームと美味しさには、おしゃれカフェのちょこっとした量のかわいらしいだけの残念なランチでは全く満足できない私は、いたく感激した。ランチで1200円位だったかな、お値段は普通。

 夜はまだ行ったことがないが、暖かくなるとテラスやガラス戸を開放してビールを飲むのがよさそう。夏に行こう。