備忘録

テクノロジーと人間

肉肉学会

肉は人を幸せにする。でも、知識があると、もっと。

 

ということで、えとさんに誘っていただいて、知識を身に付けながらおいしいお肉を味わう肉肉学会へ。

肉肉学会というのは、元農水省の原田さんや格之進さんの千葉さんらによる活動で、1年半ほど前から活動をはじめて、すでに10回目となる。私は今回初参加でした。

今回のテーマはチーズ。冒頭で原田さんからチーズの知識のプレゼンが。ナチュラルチーズの説明など、ハードとかセミハードとかウオッシュとか案外良くわかっていないので、大変勉強になりました。むかーし、獣医学部時代に習ったような遠い記憶が。。。

 

原田さんのプレゼンが。

肉肉学会では毎回、生産者の方にも来ていただくとのことで、今回は那須のチーズ生産者の高橋さんがいらしていました。

お品書き。チーズに合わせたお肉料理とワインのメニュー。

一品目。一緒に食べても美味しいけれど、チーズとコンビーフそれぞれだけでもおいしかった。

二品目。右側の中に練り込まれた、十勝ラクレットというチーズ、おいしかったです。

お肉とチーズのサラダ。チーズがふわふわ。意外とあっさり。

チーズ2種「りんどう」「ブルー」。これと「十勝ラクレット」と一緒にお肉を食べます。

「十勝ラクレット」と千葉さん

骨付きミスジ熟成肉すじ。ブルーは少しきつくてブルーの味になってしまうのだけど、十勝ラクレット、りんどう、それぞれと一緒に食べるとまろやかで美味しかった。

Lボーン。あぶらがわりと強いので、私はチーズと一緒よりもこのままでよかったかなあと。

チーズ全部のせのリゾット。美味しかった。

デザート。右側のチーズは「ゆきやなぎ塩なし」。ふわふわでこくがあって美味しかった。チーズのデザート最高。

 

今回チーズの会でしたが、肉知識も身につけたいと思いました。