人間とテクノロジー

人間とテクノロジーについて、取材とか思ったこととかの備忘録

ワイヤレスイヤホン

少し前に有楽町のビックカメラでワイヤレスイヤホンを買った。先日発売になった、耳を塞がないタイプのフルワイヤレスイヤホンが気になっていたのだが、首からかけるタイプのワイヤレスイヤホンを購入した。

iPhoneユーザだが、ちぎれたうどんが耳から出ているようなあのワイヤレスイヤホンはいただけない。一方で、補聴器のようなフルワイヤレスイヤホンは紛失することが目に見えているので購入する気になれなかった。そもそも普通のイヤホンでさえしょっちゅう無くすし、ピアスに至っては耳に付けていてもよくなくす。

フルワイヤレスイヤホンが目指す先はヒアラブルの世界だ。コンピュータへの入出力のどちらも音声による、ウェアラブルコンピュータが、入出力いずれも視覚情報によるスマホの次の段階として普及するとする見方は多い。

視覚情報がメインのウェアラブルコンピュータと言えばメガネ型のウェアラブル機器で、20年以上前からあるにもかかわらず、なかなか普及しない。アップルウオッチなどの時計タイプのウェアラブル機器もなかなか普及しない。比較的安価でスタンドアロン型のOculus Goが話題になっているとはいえ、VRによるウェアラブルコンピュータ普及は現状のデバイスでは難しいだろう。

普及しないこれらのウェアラブルコンピュータは視覚のディスプレイだが、聴覚へのディスプレイであるイヤホンを使ったウエアラブルへの期待が高まっていると認識している。