人間とテクノロジー

人間とテクノロジーについて、取材とか思ったこととかの備忘録

アルスエレクトロニカと東京ミッドタウンによる「未来の学校祭」

アルスエレクトロニカ東京ミッドタウンによる「未来の学校祭」が2月21日から今日まで東京ミッドタウンで開催されている。テーマは「ギリギリ」。アルスエレクトロニカは、オーストラリアはリンツを拠点に、毎年開催されるアートとテクノロジーの祭典「アルスエレクトロニカフェスティバル」の主催機関だ。東京ミッドタウン内に展開される展示のほか、ワークショップやトークイベントなどがある。昨日、展示を少し見てきたのでメモ。

地下2階、人だかりの中にあるのは、立つソファ。ジェイコブ・トンスキーによるBalance From Withinという作品。行ったときはちょうど調整中で、ソファが自立すると、周囲の観衆から拍手がもれた。

反対側から見ても立っている。

メディア芸術祭でも観た、Ryo KishiさんによるObOrOは子供たちに人気。

行ったときはやっていなかったけれど、気になった展示。SFCって・・・。

ガレリア地下1階のアトリウムへでは、藤堂さんのSEERの周りに人だかりが。

行ったときはパフォーマンス時間でなくて動いていませんでしたが、時間になるとゴムチューブが曲がりくねって動き回るとのこと。

筧康明さんと細尾真孝さんらによる、西陣織にテクノロジーをかけ合わせた作品たちも。こちらは温度によって変色する織物。